英語翻訳の講座をお探しなら DHC 総合教育研究所へ

英日翻訳 監修者からのメッセージ

監修者:和田 攻
東京大学医学部医学科卒。内科医として臨床医学を修めた後、予防医学、社会医学を学ぶ。さらに、衛生学や公衆衛生学、産業医学、保健学の分野でも活躍中の医学の第一人者。医学に関する著書も数多い。『ワシントンマニュアル(内科学書)』『セシル内科学書』『臨床中毒学』など、翻訳書も多数。

現在、我が国の医学や薬学、さらに保健学や歯学などは世界のトップクラスのレベルを誇るが、
これは明治の初期から多くの先達が外国の医学を導入し、学び、自らものにしてきた努力の結果である。
我々は、まずドイツから、そして第二次世界大戦後は米国から医学を学んできたが、
その際に優れた翻訳が大きな役割を果たしてきた。

この状況は、今でも変わっていない。
医学の世界では英語が主流であり、ドイツの医学雑誌でも、そのほとんどは、英語の論文をのせている。
さらに他の分野同様に、医学の世界も国際化の時代であり、
全ての情報、新しい病気の概念、種々の判定基準や治療法などが
極めて短時間の間に英文でわが国に入って来る。
そして、多くの医師、政府関係者、薬業界の人々、保健関連者、看護師、大学関係者などが、
その翻訳文を待ちこがれている。

このような状況下で、最も不足しているのが、優秀な医学英語の翻訳家である。

医学英語は、文章は極めて単純で、文法的には中学卒業レベルで十分である。
問題は、医学の基本知識の習得と独特の医学用語と特徴のある表現法である。
これは経験を積めば習得するに易く、一旦習得すれば、極めて簡単となる。

もう一つの問題は、同様のことが日本語にもあるということで、日本語の医薬用語と表現法は極めて独特である。
この場合、重要であるのは、その内容を頭の中でまとめ、
それをわが国で用いられている医学語で表現するという単純な作業である。
これには、常日頃、わが国の医学書や医薬論文に目を通して、
その独特の表現法や医学用語を身につけるしかなく、少し努力し、一旦習得すれば、
これほどやさしく、しかも満足感を味わうことのできるものはない。

今後、需要が益々増える医学英語の翻訳家を目指して、この講座をやりとげて、スタートして欲しい。

諸君らが、優れた医学翻訳家として、ニーズが益々高まっているこの世界で、
大きく羽ばたかれんことを、心から期待したい。

監修者:栗原 伸公
東京大学医学部卒。東京大学在学中より、和田攻氏に師事。内科臨床研修の後、東京大学助手、米国留学を経て、和田氏の下、埼玉医科大学にて、疫学、統計数理解析から生理学、分子生物学まで幅広い手法を駆使した研究を行う。専門は食品衛生学、予防医学(循環器疾患)。主な著書は『総合食品安全辞典』、『統計学』(共著)など。翻訳書多数。

ある有名なピアニストが書いたエッセイに、「リアリティ」という名の一文がある。

筆者はとある人気推理ドラマを見ていて、女流ピアニストがつけていた長い首飾りに対して違和感を覚え、
「リアリティ」の無さを感じたとか。
なぜなら、一流のピアニストは演奏の邪魔になるような装飾はしないものだから。
まさに専門家ならではの指摘だが、我々医師もドラマなどを見ていて、しばしば同様の違和感を覚える。
その場面設定や医学用語など、あまりの「リアリティ」の欠如にテレビのスイッチを切りたくなることも多い。
こうしたものは一般大衆向けのドラマだからまだいい。
特殊な分野の何人かがスイッチを切ったところでたかが知れている。

ところが、これが翻訳の文章ならばどうか。
医師、薬剤師、保健師、看護師…、そういった「プロ」が読むのである。
全員が「リアリティ」をしっかり感じとれる人たちである。
一方、翻訳をするあなたもプロ。決してスイッチを切らせてはならない。
誰もがすんなり読める「リアリティ」のある文章を書かなければならないのだ。

医薬翻訳は、この「リアリティ」の一言に尽きるといえる。
翻訳の基礎をマスターした人ならば、文法、構文などに問題を感じることはほとんどないだろう。
なぜなら、医薬英文は、非英語圏の医療関係者が読むことを強く意識して書かれる文章だからである。

従って、医薬翻訳家の仕事は、そうした英文を、
医療関係者が違和感なく読める「リアリティ」のある和文にすることである。
本当は医師や薬剤師になって医療現場で働くのが、こうした文章を書くために一番よい方法かもしれない。
しかし、たとえ医師や薬剤師にならなくとも、
もっと短期間に、能率よく「リアリティ」のある翻訳文を書く方法はある。

本講座は、まさにこの方法をわかりやすく示すものであり、
医薬翻訳を短期間に能率よく訓練するために開かれている。

医薬翻訳を志す皆さんは、この講座を通じて、
プロの医療関係者に対して「リアリティ」のある翻訳を示すことができるプロの翻訳家となってほしい。