通信講座・コース概要

日英翻訳ワークショップ 2  | 英語翻訳ならDHC総合教育研究所

講座検索ボックス

ご質問・ご相談もお受けします お電話無料 0120-118944 (月)〜(金)9:00〜17:00受付 ※祝日のぞく



日英翻訳ワークショップ 2 

日英翻訳ワークショップ 2 の教材写真
テキストサンプルを見る

文学作品、エッセイ、新聞記事まで
幅広いジャンルから選び抜かれた日本文を素材に、
「書く力」を引き出す実践演習中心の講座です。


『走れメロス』や『銀河鉄道の夜』などを扱う「日英翻訳ワークショップ1」はこちら

  ※写真は「日英翻訳ワークショップ 1」です。

【資料請求された方に無料でお届け!】 
『添削指導サンプル集(日英翻訳版)』/『翻訳のイロハ早わかり読本』

  • 受講生の声
  • この講座の資料請求
  • この講座のお申し込み

こんな方におすすめします

  • 新しい学習方法でご自身の「書く力」を引き出したい方
  • 強化すべき学習ポイントを明確にしたい方
  • 幅広いジャンルの文章で英語の表現力を鍛えたい方

受講内容

受講期間 各3カ月(+無料延長3カ月) 学習時間
(目安)
1日45分×週5日×3カ月
添削課題提出 各6回 受講料 23760円(税込)
受講料一覧を見る
教材
  • コースガイド…1冊
  • 添削課題集…1冊
  • 添削課題提出用シート…1冊
  • QUESTION CARD …6枚 など

講座の特長

  • マルチジャンルの多彩な課題文により、英語の表現力が格段にアップ 本講座では、文学作品からエッセイ、新聞記事まで、実務系の翻訳講座とは一線を画した幅広いジャンルから題材を採りました。
    選び抜かれた多彩な日本語テキストと等価の表現、スタイルをめざすことで、英語の表現力が鍛えられます。
     

  • よい翻訳の秘訣が満載!充実の模範解答と解説 日本人英語学習者の弱点や盲点を知り尽くしたアラン・ターニ―先生ならではの「解答・解説」により、日本語の原文に込められた「作者の意図」をどのように英文に反映したらよいかが、手に取るようにわかります。
    各種翻訳技法はもちろんのこと、訳語選択の基準、英文の微妙なニュアンスの違いまでしっかりマスターできます。
     

  • DHC U.Sオフィスのネイティブ。スタッフによる、徹底した個別指導 翻訳ワークショップの評価は「いかに受講生一人ひとりのオリジナリティーを生かしたうえで、より洗練された英語表現へと導いていくか」という指導内容にあります。
    本講座では、選任のネイティブ・スタッフが受講生のレベルに合わせた懇切丁寧な添削指導を行います。
     

  • 強化すべき弱点がひと目でわかる、多元的な評価システム 採点は単なる点数制ではなく、詳細なコメントを個別に加えたうえで、翻訳・ライティングに不可欠な5つの項目から答案を客観的に評価します。これにより自分の実力を分析的にとらえることができ、今後さらに強化すべき学習ポイントが明確になります。 

  • この講座の資料請求
  • この講座のお申し込み

講座のカリキュラム

「日英翻訳ワークショップ 2」 カリキュラム

課題文 ジャンル
1 : 『グラス傾け心見つめ直す』 文化記事
2 : 『世にも美しい数学入門』 (藤原 正彦・小川 洋子) 対談
3 : 『花を持てる女』 (堀 辰雄) 自伝
4 : 『頑張れ、銭湯』 (町田 忍) 社会コラム
5 : 『上機嫌の作法』 (斎藤 孝) エッセイ
6 : 『それから』 (夏目 漱石) 小説
U.S office:A Message from our U.S. office
「日英翻訳ワークショップ」の添削は、すべてDHC U.S.オフィスのネイティブ・スタッフが担当。
受講生1人ひとりのレベルに合わせた実践的で具体的な添削指導を通じて、ネイティブレベルに近い日英翻訳・英文ライティング力を養成します。
  • この講座の資料請求
  • この講座のお申し込み

そのほかのオススメ講座