英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

講座検索ボックス

ご質問・ご相談もお受けします お電話無料 0120-118944 (月)〜(金)9:00〜17:00受付 ※祝日のぞく



マーリンアームズ株式会社の「まかじき亭別館」

記事一覧へ


Vol 7.世界なるほど大百科

弊社がDHC-オンライン講座リーディング・プラスの修了生の皆さんと一緒に翻訳した子供向けの図鑑『いまがわかる! 世界なるほど大百科』が10月下旬に発売となりました。今回、第3の訳者としてお名前が掲載されているのは、DHC-オンライン講座を修了後、5年間研鑽を積んでこられた優秀な方です。

この本は、地球の構造や宇宙での位置、生物の進化、食物連鎖、世界の政治、人口、産業、宗教、お祭り、食べ物、青少年の暮らし、銀行のしくみ、オンライン犯罪、国際電話網、未来の世界などなど、千差万別のトピックが、ひとつひとつカラーの見開きで図解されている楽しくて面白い図鑑です。「これを読めば君も物知り博士、クイズ番組で優勝できる!」的な本なのです。

図鑑はすでに何冊か訳した経験がありましたが、子供向けのものは初めてでしたので、その点で独特の新鮮な体験もありました。編集者の方からは最初に「噛んで含めるような口調で訳してください」という指示がありましたので、小学生だったときの息子やその友達を思い出しながら、話しかけるような気持ちで作業を進めました。

そこで私たちが格闘しなければならなかった相手が「字数」。翻訳はもともと原文より字数が多くなりがちなのですが、「噛んで含めるような」柔らかい口調にすると字数がますます増えてしまうのです。それでいて、図鑑ですから字数には自ずと制限があります。

そもそも原書はかなり字が小さくて、「こんなに小さな字の本を子供に読ませたら目によくないかも」という第一印象があり、編集者の方も、「さすがに字はもう少し大きくしましょう」とおっしゃっていましたので、字数制限はさらに厳しいものになりました。

専門用語をどうするかという問題もあります。自然科学、政治、産業、文化など非常に広い分野を対象にしており専門用語もかなり出てくるので、それをどの程度残し、どの程度噛み砕いて説明するか、という課題です。噛み砕けば字数は当然さらに多くなってしまいます!

そこでどうしたか? 答えは……「秘策やコツなど全然なし」。ただもう頭を絞りに絞り、ケースバイケースで表現を工夫したり情報を厳選したりして、限られたスペースにぎりぎり入れ込む作業を続けていきました。コツがあるとすれば、いつものように「忍耐」と「地道な作業」です。

そうやって、なんとか脱稿。しかし校正の段階でも字数を減らす作業はついてまわりました。いやはや、吹替翻訳や字幕翻訳をやっている方々のご苦労が偲ばれる毎日でした。大変と言えば大変でしたが、普段とはまたひと味違った経験ができたように思います。苦労といっても、裏をかえせば分かりやすく自然で簡潔な表現を目指す「特訓」ができたのですから。

興味を持たれた方のために、最後にひとつ例をご紹介。ナイリクタイパンという猛毒を持つヘビのイラストの下に書かれた説明文です。下の1.が原文で、これをまず2.のように訳しました。その後、校正紙(ゲラ)の段階では、すべての漢字にルビが振られ(ここでは括弧の中に入れて表示しています)、8文字ほど短くなって、3.の訳文になりました。しかしこれでも、少しはみ出してしまっていました。それに、原文から離れて日本語だけを読んでみると、この文には問題があることがわかります。ゲラを読みながら大笑い。いくら猛毒をもっていても、ひとかみで100人は殺せません! 最終的には4.の訳文となりました。「世界最強」の部分が情報としては落ちてしまいましたが、無事スペースにおさめることができました。


1. The venom from a single bite by "most poisonous snake in the world" can kill 100 humans.

2. この世界最強の猛毒をもつヘビがひとかみすれば、出る毒で100人を殺せる。

3. 世界(せかい)最強(さいきょう)の猛毒(もうどく)をもつヘビ。ひとかみで100人(にん)を殺(ころ)せる。

4. ひとかみ分(ぶん)で100人(にん)を殺(ころ)せるほどの猛毒(もうどく)をもつヘビ。


マーリンアームズ株式会社
1993年設立。翻訳および言語処理関連ソフトウェアの開発を主な業務として行っている。文章に携わる人のための辞書・検索サイト DictJuggler.net で類語辞典および翻訳者用の訳語辞典を公開しているほか、株式会社DHCと共同でDHC翻訳力診断テストを開発。
マーリンアームズ株式会社のホームページはこちら

武舎広幸 (むしゃ・ひろゆき)
国際基督教大学、山梨大学大学院を経て、東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了(在学中、米国オハイオ州立大学およびカーネギーメロン大学に留学)。現在マーリンアームズ株式会社代表取締役。コンピュータ関連書や図鑑等の翻訳およびソフトウェア開発を行う。
著書に『プログラミングは難しくない!』(チューリング)、『理工系大学生のための英語ハンドブック』(三省堂)、訳書は『マッキントッシュ物語』(翔泳社)、『HTML入門第2版』『Java言語入門』(以上ピアソンエデュケーション)、『戦争の世界史大図鑑』(河出書房新社)、『ゲームストーミング』『iPhoneアプリ設計の極意』『リファクタリング・ウェットウェア』『ハイパフォーマンスWebサイト』(以上オライリー・ジャパン)など多数。

武舎るみ (むしゃ・るみ)
学習院大学文学部英米文学科卒。現在、マーリンアームズ株式会社取締役、翻訳家。ノンフィクション、フィクション、図鑑等の翻訳を手がけるほか、DHC-オンライン講座の運営に携わっている。
訳書は『野に雁の飛ぶとき』『神話がわたしたちに語ること』(以上角川書店)、『薔薇色の十字架刑 -- プレクサス』(水声社)、『海洋大図鑑』(ネコ・パブリッシング)、『いまがわかる! 世界なるほど大百科』(河出書房新社)など多数。

  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)