通信講座・コース概要

何て言うの?知ってすっきりミネラル英語 | 英語翻訳ならDHC総合教育研究所

講座検索ボックス

ご質問・ご相談もお受けします お電話無料 0120-118944 (月)〜(金)9:00〜17:00受付 ※祝日のぞく



何て言うの?知ってすっきりミネラル英語

記事一覧へ

日常生活でよく使う英語表現や、知っているだけで英会話力の幅がぐっと広がる日本語からでは推測できないような英語表現をたくさん紹介しています。

石川 一生(いしかわ いっせい)
元大手英会話学校講師。
現在はソフトウェア企業で開発とホームページの英語翻訳等を行う。
「英語は気楽に楽しく」をモットーに、読者数1万人を超す英語メールマガジン 「毎日の暮らしをサポートする英単語・英語表現」を発行中。

第187回 最終回:卒業と進学

卒業・進学シーズンですね。学生時代をなつかしく思い出す方も多いのではないでしょうか。慣れ親しんだ場所を卒業して離れるのは寂しいですが、進学によって新たな一歩を踏み出していくのは、希望に満ち溢れているようで素晴らしいですね。

今回は、そんな卒業と進学というテーマでお送りしようと思います。
実は、2006年から4年近くに渡ってお送りさせていただきましたこのコラムも、今回をもって最終回となりました。振り返ってみるとあっという間でしたが、今まで長い間読んでいただきまして、どうもありがとうございました。
では、最後の学習に進んでみましょう。


西暦2501年。人類は宇宙に進出し、太陽系をはじめとする他の惑星に生活圏を広げました。地球で生まれ育った新一郎と優太は、日本の高校を無事卒業し、太陽系で最も難関と言われる大学への進学が決定したようです。
新生活に旅立つ前に、一度自分が乗るロケットを見ようと宇宙センターへやってきた新一郎は、偶然親友の優太とばったり出会いました。

続きを見てみましょう。

新一郎:
I heard that you passed the entrance exam of Mars national university.
Congratulations! But everybody is saying that the campus life is very tough.
(お前、火星の国立大学に合格したんだってな。
おめでとう!でも、噂では、大学生活は大変だって言う話だぜ。 )
優太:
Yeah. I think this is a thorny path, but I decided to go for broke.
Nothing ventured, nothing gained.
(そうだな。イバラの道かもしれないけど、一発勝負に出ようって決めたんだ。
虎穴に入らずんば虎子を得ずだよ。 )
新一郎:
Even if you say so, you look happy. Well, I took a chance on the exam, and I passed the university of Moon.
(そういいながらも嬉しそうじゃん。まあ、オレも一か八か試験にかけてみたらさ、月の大学に受かったんだぜ。 )
優太:
That's great! That's one small step for mankind, one giant leap for us!
(すごいなぁ!それにしても、大学進学ってさ、人類にとっては小さな一歩かもしれないけど、俺たちにとっては偉大な一歩だよな! )

point

それでは、今回のポイントをチェックしてみましょう。

a thorny path
イバラの道」という意味です。
thornyには「イバラの、とげの多い」という意味があります。この名詞形は「thorn」です。こちらもあわせて覚えましょう。
path」は「道、軌跡」という意味です。
go for broke
いちかばちかやってみる」という意味の表現です。
Nothing ventured, nothing gained.
venture」というのは「あえて〜する、思い切って〜する」と言う意味があります。直訳すると「思い切ってやらなければ、得るものは何もない。」ということからもイメージできるように、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という意味が出てきます。
take a chance on 〜
〜にかけてみる」というイディオムです。〜の部分にいろいろな単語をあてはめてみてください。もちろん、onをとって、「take a chance」だけでも使うことができます。
one small step for mankind, one giant leap for us
この表現は、月面に初めて降り立ったニール・アームストロング船長の有名な言葉「That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind.」をもじったものです。「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」という意味です。Youtubeなどで実際の映像を見ることができますので、興味のある方は探してみてください。

いかがだったでしょうか。今回でコラムの連載は最後となりますが、少しでも英語学習のお役に立てましたら幸いです。

英会話にご興味のある方におすすめの講座です。
DHC通信講座では、「英会話をもっと気軽に学びたい」「ヒアリングの基礎から学習したい」「ネイティブとスムーズに会話したい」などの要望にお応えして、3種類の英会話講座をご用意。ご興味のある方は、まずは無料の資料請求を。