英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします

メールでお問い合わせ info@edu.dhc.co.jp



英日メディカルコース 修了生インタビュー

今回は、「英日メディカルコース」を優秀な成績で修了され、翻訳・通訳事業部に推薦された川崎佳江さんにインタビューしました。川崎さんは、翻訳の経験も医薬分野の知識もまったくないところから学習をスタートされたそうです。

Q 「英日メディカルコース」の優秀な修了生として、DHC翻訳・通訳事業部に推薦されたそうですね。おめでとうございます。
A ありがとうございます。受講中は、もういっぱいいっぱいだったのでとても驚きました。推薦されたことは自分にとって大きな励みになりますし、とても嬉しいです!
Q 川崎さんは、このコースの前に翻訳入門講座の「イングリッシュ・プラス」を受講されてますよね。
A はい。それまで翻訳の学習経験がまったくありませんでしたから。英語の勉強自体、高校卒業以来まともにやっていなかったので、翻訳の勉強をしてみたいと思った時に「イングリッシュ・プラス」に出会ったのはとても良かったと思います。いろいろなジャンルの英文に触れることができますし、翻訳を勉強したいけれどいきなり本格的に始めるのはちょっと…という人には最適なのではないでしょうか。
Q 入門講座の後、「英日メディカルコース」を受講されたきっかけは何ですか。
A 「イングリッシュ・プラス」を修了して、次はより専門的な実務翻訳の勉強をしたいと考えていました。わたしは文系出身なのですが、どうせ勉強するなら全く未知の分野のものを、と思い、翻訳の勉強と医学の基礎を同時に学べるという点に惹かれて受講することにしました。
Q 「英日メディカルコース」の受講を決める際には、他社の講座と比較検討されましたか。
A しませんでした。「イングリッシュ・プラス」で満足していたのでDHCに即決してしまいました。
Q 実際に受講されてみていかがでしたか。
A テキストの解説はとてもわかりやすく、ためになりました。ただ翻訳演習はやはり難しかったです。専門知識がないだけに、医学独特の言い回しや、見たこともないような専門用語が続出するのでそれに慣れるのに苦労しました。6カ月の受講期間はちょうどいいのではないかと思います。しかも3カ月の無料延長期間があるので精神的に楽でした。
Q 初めて医薬分野に取り組んだわけですが、学習はどのようにされていましたか。
A とにかくこの分野の知識が全くないので、まず医学用語の単語リストを作りました。専門用語だけでなく、よく使われる簡単な単語でも、この分野では特別な言い回しをする語も多いので、そういった単語もリストアップしておきました。メディカル翻訳では誤訳が命にかかわることもあるかもしれないと思い、提出課題は原文に忠実に訳すことを心がけました。それでもけっこう訳抜けなどありましたが…。一番苦労したのはやはり医学用語の使い方です。わたしは特にインターネットを活用して、ネット上で公開されている医学論文などを参考にしました。
Q 翻訳通訳事業部に推薦された後、DHCの登録翻訳家になるためのトライアルを受けられたそうですが、いかがでしたか?
A 難しかったです。読みやすい訳文になるよう特に気を配りました。実際の翻訳作業では内容はもちろん、量もこなさなければならないので大変でしょうが、少しずつでもやっていければと思います。
Q いい結果が出るといいですね。さて、これで当面の目標だったトライアルも終了したわけですが、川崎さんの今後の目標は何ですか?
A やはり翻訳を仕事としてやっていきたいです。もう少し落ち着いたら別の分野の翻訳の勉強もしてみたいと思います。
Q それでは最後に、受講生の方々へメッセージをお願いいたします。
A 気負わず、あせらず、マイペースでやるのがいいと思います。また、わたしのように自分の知らない分野に挑戦するのも世界が広がって楽しいですよ。

この講座の詳細情報を見る


  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)