英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします

メールでお問い合わせ info@edu.dhc.co.jp



日英メディカルコース 修了生インタビュー

今回は、「日英メディカルコース」を優秀な成績で修了され、DHC翻訳部門に推薦された坂本美弥子さんにインタビューしました。

Q 坂本さまが医薬翻訳家をめざそうと思われたきっかけは?
A 数年前から在宅で日英の実務翻訳をしていましたが、専門と呼べる分野がなく、仕事を安定して受注するためにも専門分野を持ちたいと思っていました。子育て中でもありますので、今後も在宅で安定した仕事をしたいと考えています。報酬面や受注量を考えてもメディカルは魅力的でしたが、一番の決め手は自分の興味のある分野であったことです。20代の頃、留学先で体調を崩し病院にかかったとき、診察に通訳の方が入ってくださいました。その経験から、漠然と医療の通訳にあこがれていました。結局挑戦することもなく終わった夢ですが、数十年たった今、どうせ挑戦するなら以前から興味のあった医薬翻訳を勉強したいと、思い切って「日英メディカルコース」を受講し始めました。
メディカルの日英をめざしたのは、数年前より始めていた実務翻訳が日英専門だったからです。それ以前は、翻訳とは無縁でした。ただ英語が好きで、長い間学び続けていました。海外ドラマなども大好きで、英語の自然な表現には慣れていました。そんな理由から、英日より日英の方がやりやすく、楽しんでできることに気づきました。日英を選んだことも、メディカルを専門にしたいと思ったことも、どれだけ自分の興味があるかが決め手でした。翻訳の仕事は長い時間ひたすら、原稿やパソコンに向かう地道な仕事です。だからこそ、自分が楽しめる方向を選択することもがんばれる秘訣であると思っています。
Q 医薬翻訳家になるために、どのような勉強をされましたか?
A 初めて踏み込む分野で知らないことばかりなので、DHCの講座に申し込んでとにかく毎日学びました。テキストをよく読み、練習問題に取り組む、の繰り返しでした。自分の力で訳すことが難しく、初めからサンプル訳を見て、日本文と英文を照らし合わせて学びました。ひとつの演習問題を何度も何度も覚えてしまうほど繰り返し学習したので、テキストがボロボロになってしまい、テープで補強したほどです。知らない言葉は英語、日本語の両方で検索しました。学んだことは後で見返すことができるように、ひとつのファイルにまとめました。
Q 「日英メディカルコース」を受講されたきっかけと、受講されてのご感想は?
A もともと興味のあった「日英メディカルコース」は、キャンペーンのお知らせなどを目にするたびに気になっていましたが、果たして自分にできるのか、と躊躇する日々がしばらく続きました。自分で医薬関係のサイトを見たりしていましたが、独学では何からどう手をつけたらいいのかわからず、思い切って講座に申し込みました
最初は身につけることができるのか不安でしたが、テキストがとてもわかりやすかったので思ったよりスムーズに学習できました。巻末に提出用の添削課題がありますが、テキストの内容をしっかりと学ぶことで添削課題に取り組むための土台ができるような構成になっていると思います。テキストを学び続けることで少しずつ医薬翻訳の世界になじんでいく感じがしました。これならもっと早く申し込んでおけばよかったと思いました。とにかくテキストを中心に学んで、わからないこと、しっくりいかないことは徹底的に調べました。
Q 医薬翻訳家になるにあたって、DHCの講座が役立った点があればお教えください。
A トライアルはもちろん、メディカルの翻訳にはDHCの講座で学んだことが100%、すべて役立っています。テキストで学んだことは、メディカルの専門知識をはじめ、構文、表現などもすべてメディカル翻訳に役立つものなので、テキストをいつも手元に置き、参照、応用して使っています。
Q 医薬翻訳に携わる人に求められる素養・スキルは何だと思いますか?
A 地道な努力を惜しまないことだと思います。
Q 坂本さまにとって医薬翻訳とは、どんなお仕事ですか? また、翻訳家としての今後の展望もお聞かせください。
A 医薬翻訳は難しくて奥が深く、その分やりがいもある仕事です。難解な内容を少しでもわかりやすく翻訳できるように努力を続けていきたいと考えています。そうすることで、自分の仕事が医薬の業界やそれを必要とする人たちのためになることを誇りに日々前進したいです。今はまだ知識も経験も浅く、順調に受注できているわけではありません。まだまだ勉強だと思っています。この翻訳者にお願いしたいと思ってもらえるよう、がんばっていきたいです。
Q 医薬翻訳家をめざしている方々に、何かメッセージを。
A 私自身、講座を受講し始めるまでは医薬翻訳を学びたいという思いを持ちながらも何からどう手をつけていいかわからず苦戦していました。これから医薬翻訳を学ぶ方、特に私のように初めて医薬分野に踏み込む方は不安もあると思いますが日々の積み重ねが大切だと思います。私は理解に苦しむ箇所があるとそこを飛ばして先に進めていました。学び進めて、後でわからなかった部分に戻って考えると、意外とすんなり理解できることもよくありました。テキストでの学習だけにとどまらず、日本語・英語両方での定義を調べたり、知識が深まる説明をしてくれている動画を利用したりなど、自分なりに工夫して、楽しみながら学んでいけるといいと思います。

この講座の詳細情報を見る


  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)