英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします

メールでお問い合わせ info@edu.dhc.co.jp



英日出版総合コース(高橋 健治さん)プロ翻訳家デビューインタビュー

ここでは、「イングリッシュ・プラス」に続いて、「英日出版総合コース」を優秀な成績で修了され、『ベスト・アメリカン・短編ミステリ』(DHC刊)の「俺の息子」と「それまでクェンティン・グリー」という作品を翻訳し、プロデビューされた高橋 健治さんにインタビューしました。

※「英日出版総合コース」は、2017年6月より「英日翻訳 総合マスターコース」として改編されました。


『ベスト・アメリカン・短編ミステリ』で翻訳家デビューが決まったときの気持ちをお聞かせください。

私は長く仕事で英語と関わってきたのですが、日本語でも小説を読んだり、書いたりするのが好きなので、ずっと出版翻訳に関心がありました。

ですので、実際にデビューさせていただけるとご連絡をいただいたときは、とてもうれしく感じました。しかもアメリカでよく知られている短編集の翻訳をする機会を与えていただき、感謝しています。

講座を受講されたきっかけをお聞かせください。

私は知り合いに頼まれて英文の翻訳をしたこともあったのですが、翻訳の技術的な面はほとんど知らず、その場その場の自己流で訳していました。

そこで、翻訳の基礎を体系的に学ぶ必要があると思い、インターネットでいろいろな講座を調べた結果「イングリッシュ・プラス」を受講することに決めました。ほかの講座もあったのですが、DHCの受講生の体験談などを読んで、まずは基礎の「イングリッシュ・プラス」からチャレンジしてみようと思いました。

“受講されてみてご感想は?

内容がコンパクトにまとめられ、学びやすかったです。とくに漠然と個人的に感じていた事柄を体系的に整理することができて、翻訳の基礎が効果的に学べました。受講前の自分の翻訳スタイルとは、明らかに変わったと思います。

それまでの私は、英文に引きずられた日本語訳になってしまう傾向がありました。具体的には英語的だったり冗長な訳文になったりすることが多かったのですが、「形容詞を副詞的に訳す」「受動態を能動態で訳す」など、「簡潔で自然な日本語」に翻訳するためには、品詞も態も自由に変換できるということを学びました。

先生方の添削も丁寧で、訳文が原文に近づきすぎるという自分の翻訳の弱点も客観的に知ることができました。やはり、自分の狭い発想だけでなく、第三者の視点で訳文を見てもらうことは大切ですね。

“講座修了後、「英日出版総合コース」も受講されてますね。

私はとくに小説に思い入れがあり、出版翻訳をやってみたいと考えていましたので、出版翻訳の専門的な技術が体系立てて学べる「英日出版総合コース」を受講しました。また、添削をしていただくことにより、自分がどれだけ出版翻訳の方面でやれるのか挑戦してみたいとも思いました。

講座の内容で特に役立った点を教えてください。

細かな点では、無生物主語は副詞的に訳すことや会話文を文脈に合わせ生き生きと訳すことなどが役に立ちました。 全体としては、効果的に訳し下ろしをするさまざまな方法を学ばせていただいたことがとても役に立ちました。

また、場合によっては、オリジナルの英語に拘泥せず、思い切って自然な日本語に訳す技術も教えていただき、「英日出版総合コース」を終えた時点で自分の翻訳に対する考えも方法も大きく変わっていました。


翻訳書のお薦めの点はどこですか?

日本のミステリー小説との相違点と類似点です。「俺の息子」も「それまでクェンティン・グリー」も、アメリカの社会を反映していて、日本のミステリー小説とは趣を異にしている点があります。

すなわち銃が合法化され、麻薬が日本以上に浸透している社会の怖さが描かれています。しかし同時に、人間の孤独や自由への願望といった小説の普遍的なテーマも含んでいるので、そうした面にも目を向け、読んでいただけたらと思っています。

翻訳されてみていかがでしたか?

英語を訳したと感じられる日本語ではなく、初めから日本語の発想で書かれた日本語の文になるように心がけました。このことは「言うは易し、行うは難し」で、実際には日本語にしにくい英語の文が多々あって、苦労しました。

しかし自然な日本語になるよう翻訳をしていくことは予期しなかったほど創造的なことでもあり、大変やりがいのある作業で、楽しかったです。

最後に、皆さんにアドバイスをお願いします。

これから勉強する方や自己流で翻訳をしてきた方には、ぜひ翻訳の技術的な面を体系的に学習することをおすすめします。

今回訳した短編でも、DHCの講座で学習したことが本当に役立ちました。今思い返してみると、受講前の私は、翻訳に必要な力は「英語力 7割、日本語力3割」くらいに感じていましたが、今では「英語力 5割、日本語力5割」と、日本語の力がすごく大事だと思っています。

ふだんから、自分の日本語を厳しくチェックし、何気なく使っている言葉でも、辞書をまめに引いて正確なニュアンスをつかむといった努力も欠かせないのではないでしょうか。

インタビューは以上です。本日は、ありがとうございました!


  • 『ベスト・アメリカン・短編ミステリ』の詳細情報を見る


  • 『英日翻訳 総合マスターコース』の詳細情報を見る
  • 『イングリッシュ・プラス』の詳細情報を見る

  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)