英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします

メールでお問い合わせ info@edu.dhc.co.jp



DHC翻訳新人賞 プロ翻訳家デビューインタビュー (米山 とも子 さん)

今回は、『DHC翻訳新人賞』で入賞され、『アメリカ新進作家傑作選2008』(DHC刊)の「アリス」という作品を翻訳し、プロデビューされた米山 とも子さんにインタビューしました。

Q今回、翻訳された「アリス」について、ぜひ読んでほしいポイントはどこですか?
A相容れない生き方をする父と娘だが、愛犬の死をとおして心が触れ合う。ラストで一人自転車を走らせる父の姿には全てをあるがままに受け入れた人間の清々しささえ感じられます。全篇まるで映画を見ているような情景描写が秀逸です。
Q「アリス」を翻訳される際に、心がけたことや苦労したこと、楽しかったことはどんなことですか?
A訳文が、日本語として不自然でない表現になるよう心がけました。適切な表現をさがす過程は苦しくもあり楽しくもありました。
Q『アメリカ新進作家傑作選2008』で翻訳家デビューが決まった時のお気持ちを教えてください。
Aとてもうれしかったです。翻訳家としてはまだまだ勉強していかなければならないと思っていますが、第一作目が『アメリカ新進作家傑作選』であったことは大きな喜びです。
Q米山さんにとっての「翻訳の魅力」とは何でしょうか? また、今後の抱負・夢などをお聞かせください。
A翻訳の魅力はなんと言っても原作者との一体感にあると思います。どれだけ正確に作者の心を読者に伝えられるか。それが出来たと感じられたときの喜びに尽きると思います。
今後もどんなジャンルであれ、翻訳を通じて心を揺さぶられる作品と出会っていけたらと思っています。
Q『DHC翻訳新人賞』を通じて翻訳家デビューされたわけですが、新人賞に応募されたきっかけや理由を教えてください。
A学校卒業後も趣味として仲間と英語の勉強は続けておりましたが、2年ほど前に英語の翻訳サークルに入り『DHC翻訳新人賞』について知りました。応募要項に「翻訳家志望で熱意のある方ならどなたでも応募できます」とあったのにも勇気づけられました。
Q新人賞の課題文を翻訳される際に、心がけたことや気をつけた点などを教えてください。
A課題文は短編の冒頭部分とのことでしたので、翻訳する前に全文を読みました。その上で語り手である主人公の性格や置かれている状況などに考慮しながら訳文を作りました。
Q翻訳に関して、これまでどのような学習をされてきましたか?
A英語の勉強は自分なりにやってきましたが、「翻訳」に関しては2年ほど前にサークルに入り先輩たちに教えていただいています。
Q最後に、プロ翻訳家デビューを目指す方に、何かアドバイスなどあれば、お聞かせください。
Aアドバイスにはならないかもしれませんが…「訳者の役割は、作者と読者のあいだの架け橋です」、新人賞課題文出題者の田栗先生の言葉です。とても大事なことだと思います。
翻訳は難しい作業ではありますが、仕上げたときの達成感もひとしおです。是非頑張ってください。
  • 『アメリカ新進作家傑作選2008』の詳細情報を見る
  • 『DHC翻訳新人賞』の詳細情報を見る

  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)