英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします

メールでお問い合わせ info@edu.dhc.co.jp



DHC翻訳新人賞 プロ翻訳家デビューインタビュー (岩崎 たまゑ さん)

今回は、『DHC翻訳新人賞』で入賞され、『アメリカ新進作家傑作選2008』(DHC刊)の「アーリー・ヒューマンズ」という作品を翻訳し、プロデビューされた岩崎 たまゑさんにインタビューしました。

Q今回、翻訳された「アーリー・ヒューマンズ」について、ぜひ読んでほしいポイントはどこですか?
A人生に絶望した主人公が身近な人間との関わりを見つめ直し、その関わりから、再び歩き出す力を得るところに、読んでいてホッとしました。
主人公とほかの登場人物たちとのやり取りや情景が生き生きと描写されているのも、この作品の魅力だと思います。
Q「アーリー・ヒューマンズ」を翻訳される際に、心がけたことや苦労したこと、楽しかったことはどんなことですか?
Aそれぞれの場面がありありと目に浮かぶような訳文を心がけたのですが、解釈が難しい英文も多く、あらためて翻訳の難しさを感じました。
映画界のことや映画、コーヒー、ゴルフなど、調べ物がかなりあり、答えを見つける楽しさも味わえました。
Q『アメリカ新進作家傑作選2008』で翻訳家デビューが決まった時のお気持ちを教えてください。
A翻訳作業や時間的な問題、また、現代の作品である点など、不安な部分も多かったのですが、一つの作品を翻訳するという貴重な機会をいただけることになり、何とか頑張らねばと思いました。
Q岩崎さんにとっての「翻訳の魅力」とは何でしょうか? また、今後の抱負・夢などをお聞かせください。
A英語で書かれた世界を日本語の世界に生まれ変わらせて、それを読んでくださる方がいるということに魅力を感じます。
児童文学の翻訳に進めたらと思っています。
Q『DHC翻訳新人賞』を通じて翻訳家デビューされたわけですが、新人賞に応募されたきっかけや理由を教えてください。
A翻訳の勉強を始めて何年か経ったころ、勉強にもなるので、とにかくチャレンジしてみようと思い、応募するようになりました。
Q新人賞の課題文を翻訳される際に、心がけたことや気をつけた点などを教えてください。
A原文のリズムを大切にして、主人公の心の動きが伝わるような訳文を心がけました。
Q翻訳に関して、これまでどのような学習をされてきましたか?
A翻訳学校の通信教育で勉強を始めたのち、通学で児童文学等の翻訳講座を受講しました。
数年前からは、勉強会に参加したり、原書を読んだりして、勉強を続けています。
Q最後に、翻訳家デビューを目指す方に、何かアドバイスなどあれば、お聞かせください。
A私は、翻訳というものが分からなくなったり、思うような日本語にできなかったりと、スランプに陥りますが、いつも、翻訳にチャレンジするという気持ちは持ち続けるようにしています。
  • 『アメリカ新進作家傑作選2008』の詳細情報を見る
  • 『DHC翻訳新人賞』の詳細情報を見る

  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)