英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします

メールでお問い合わせ info@edu.dhc.co.jp



DHC翻訳新人賞 プロ翻訳家デビューインタビュー (匿名希望:Kさん)

『DHC翻訳新人賞』で入賞され、『アメリカ新進作家傑作選2008』(DHC刊)で翻訳家デビューされた方にインタビューしました。

Q『アメリカ新進作家傑作選2008』を翻訳される際に、心がけたことや苦労したこと、楽しかったことはどんなことですか?
A私が担当させていただいた作品は意外な題材を扱いながらも、原文では淡々とした詩的な描写がされています。その文体は、読者の心に「自分たちにも起こり得るかもしれない」という感覚を作りつつ、人間の本性が明らかになっていくときに恐ろしさを倍増させ悲しみを深くします。
翻訳では、表現が大げさにならないようにするとともに、心の揺れが見過ごされることのないように、工夫して表現するのに苦労しました。
Q『アメリカ新進作家傑作選2008』で翻訳家デビューが決まった時のお気持ちを教えてください。
Aお知らせいただいた日は何かがあるような予感がしていたのですが、本当に嬉しかったです。自分がやってきたことが目に見える形で認められ、この道に進んでいいですよ、という許可をもらえたような感じを受けました。
Q「翻訳の魅力」とは何でしょうか? また、今後の抱負・夢などをお聞かせください。
A著者が表現しているものを読者に伝えられるよう、過不足なく翻訳するというのは、大きなプレッシャーと生みの苦しみがありますが、同時にとてもやりがいがあります。
翻訳をする行為の根底にあるのは「これを人に伝えたい」という思いなので、今後は文芸だけでなく、自己啓発書やビジネス書の翻訳にも携わっていけたらと思っています。
Q『DHC翻訳新人賞』を通じて翻訳家デビューされたわけですが、新人賞に応募されたきっかけや理由を教えてください。
A実は、最初は応募するつもりではなく、自分の勉強のために課題の翻訳に取りかかったのです。実力のある方が多数応募される中で、自分の表現力ではまだ大賞を狙えると思わなかったからです。
でも、訳文ができてみるとそのまま放置しておくのはもったいなくなって、今出せば締め切りにも間に合うし…ということで応募しました。
Q新人賞の課題文を翻訳される際に、心がけたことや気をつけた点などを教えてください。
Aマクロとマイクロの観点から原文に向かうことを心がけました。ストーリーとして全体の流れやロジックを十分把握した上で、細かい部分、たとえばaじゃなくてtheとなっている意味などを見落とさないということです。
また、訳出以前に、応募要領にある指示をきちんと理解して、フォーマットなどを完璧に整えることにも注意しました。これは軽視されがちですが重要なことです。翻訳の発注元からの指示を理解して実行できない人の訳文やリサーチが信頼できるわけがないですし、指示通りに仕上げられなければ仕事につながらないからです。
それに、規定や様式の順守は自分の注意や努力で可能なことですから、才能豊かな人たちが多数応募する中で、スタートラインくらい一緒に立ちたいという思いもありました。
Q翻訳に関して、これまでどのような学習をされてきましたか?
A翻訳に関する本で勉強したり、原書を読み訳しながら邦訳版で確認したりしました。また日常的に英語や日本語の本をそれぞれたくさん読むようにしています。日本語の作文技術に関しての本も繰り返し読み、学んだことを実践するようにしています。
Q最後に、翻訳家デビューを目指す方に、何かアドバイスなどあれば、お聞かせください。
A「英語と日本語がわかるということと、翻訳ができるということは別物である」ことを理解すると同時に、「商品として通用する訳とは意味がわかればいいという次元とはまったく違うものである」ということを認識する必要があります。その上で翻訳の技術を学ぶと実力がつくと思います。
また、英語と日本語の本をそれぞれたくさん読み、たくさん訳すことも必要です。
  • 『アメリカ新進作家傑作選2008』の詳細情報を見る
  • 『DHC翻訳新人賞』の詳細情報を見る

  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)