英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします

メールでお問い合わせ info@edu.dhc.co.jp



DHC翻訳新人賞 プロ翻訳家デビューインタビュー (匿名希望:Gさん)

『DHC翻訳新人賞』で入賞され、『アメリカ新進作家傑作選2008』(DHC刊)で翻訳家デビューされた方にインタビューしました。

Q『DHC翻訳新人賞』を通じて翻訳家デビューされたわけですが、受賞の瞬間からデビューにいたるまでの経緯を教えてください。
A受賞が決まってから実際に翻訳作業に入るまでが1年以上あり、かなり長く感じました。
実際に翻訳をはじめるまでに少しでも力をつけねばと、英語と日本語のいろいろな文章に触れるように心がけました。原書と翻訳書を両方読んで、そこから「ワザ」を盗もうとしたり、翻訳関連の本に目を通したりもしました。
Q『アメリカ新進作家傑作選2008』で翻訳家デビューが決まった時のお気持ちを教えてください。
A本当に信じられず、嬉しい気持ちでした。しかし同時に、短編とはいえ自分にひとつの作品を訳す力量があるのか、不安でした。
Q翻訳に関して、これまでどのような学習をされてきましたか?
A最初はDHCの「英日出版総合コース」を受講。以後は独学です。「こんな翻訳を自分もしてみたい」という訳者さんを見つけて、その方の訳書をお手本にしたりもしています。
Q“『DHC翻訳新人賞』入賞の秘訣”はどのような点にあったかと思われますか?
A課題作品の全編を読むと、その物語が大好きになってしまい、自分なりに「こう訳したい!」という気持ちがとても強くなりました。訳しているときは主人公の気持ちになっていました。未熟な訳ではあったと思いますが、作品への愛情が訳にあらわれていて、そこを評価していただけたのかな、と感じています。
Q『アメリカ新進作家傑作選2008』を翻訳される際に、心がけたことや苦労したことはどんなことですか?
A担当作品の英文が私にはなかなかに難しいものだったので、それを読み解くのにとても時間がかかってしまいました。また、使われている比喩も難解なものが多く、自分に果たしてできるのだろうかと不安になりました。正直なところ、いまもこの訳で良かったのかと思う部分もあります。
Q最後に、「翻訳の魅力」とは何でしょうか? また、今後の抱負・夢などをお聞かせください。
A英語で書かれた作品の世界をいかに日本語に移し変えるか、それがとても難しくもあり、頭のひねりがいのあるところだと思います。
いずれは本一冊を訳すことができるように、もっと実力をつけていきたいです。
  • 『アメリカ新進作家傑作選2008』の詳細情報を見る
  • 『DHC翻訳新人賞』の詳細情報を見る

  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)