英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします お電話無料 0120-118944 (月)〜(金)9:00〜17:00受付 ※祝日のぞく



実践・実務翻訳のコツ(第17回)−中上級へチャレンジ!

記事一覧へ

執筆:佐藤洋一(さとう よういち)
佐藤翻訳事務所代表
東京都出身。国際基督教大学教養学部理学科卒業後、東京工業大学大学院修士課程を修了。
在学中から、論文などの翻訳を始め、フェロー・アカデミーで学んだ後、(株)日本テックを経て、フリーの実務翻訳者として独立。翻訳学校講師も勤めている。『はじめての理系英語リーディング』(アルク)や『詳解 技術英文大全』『科学技術英語論文 英借文用例辞典』(オーム社)など、著書・訳書も多数。
Q [前回の課題] 以下の英文を「である」「だ」調で翻訳してください。

"The computer tomography images of the mechanism have literally opened the device up to us to see how it worked," says John M. Steele, who studies ancient astronomy at the University of Durham in England.

The researchers discovered that the mechanism had at least 30 bronze gears with as many as 225 teeth, likely all cut by hand.

With the added information, the researchers came up with a new model for how the mechanism operated. The model takes into account 29 of the 30 known gears and adds five more that were probably there but never found.

ヒント


古代のコンピュータに関する科学記事の一部抜粋。前回の課題の続き(一部を割愛)。大学名、人名は英語のままで表記すること。

今回の英文和訳のポイントは、原文の真意を正しく解釈したうえで、読み手に分かりやすく情報を伝える文章表現力です。

今回の課題は、直訳のままでは不自然な日本語となる箇所がいくつかありますが、それらが正しく見抜けたでしょうか。

以下、個々の英文について、個別に訳出上のポイントを解説します。

【原文】の赤字部分が訳出上のポイントで、【改良訳】の赤字部分がそれに対応する改良箇所です。【訳出上のポイント】の太字部分が訳出上のポイントを上手に処理するためのテクニックです。

(第1文)


【原文】"The computer tomography images of the mechanism have literally opened the device up to us to see how it worked," says John M. Steele, who studies ancient astronomy at the University of Durham in England.
【直訳例】
「その機械のCT画像により、文字通りその装置が明らかになり、その装置がどのように動くかを解明することができた」と英国のUniversity of Durhamで古代天文学を研究するJohn M. Steeleは言う。
【改良訳】
何枚ものCT画像により、文字通りその装置の内部が明らかになり、その動作原理を解明することができた」と英国のUniversity of Durhamで古代天文学を研究するJohn M. Steeleは言う。
【訳出上のポイント】
赤字でマーキングした3箇所がポイントです。複数形imagesのニュアンスは通常は訳さなくてもよいのですが、ここでは念のために訳しておいてもよいでしょう。また、 the mechanismは直後に出てくるdeviceの同義語と解釈して「装置」で統一しても問題ありません。後半のhow it workedの部分は名詞句として処理するとすっきり訳せます。

(第2文)


【原文】The researchers discovered that the mechanism had at least 30 bronze gears with as many as 225 teeth, likely all cut by hand.
【直訳例】
研究者は、この装置には30個以上の青銅製の歯車が使われており、1つの歯車には最大225個もの歯(たぶんすべて手で切っている)があったことを発見した。
【改良訳】研究者たちは、この装置には30個以上の青銅製の歯車が使われており、1つの歯車には最大225個もの歯があったことを発見した。歯車の歯は、すべて手作業で切り出していたと考えられる
【訳出上のポイント】
ここでも、先頭の主語の複数形のニュアンスは訳しておいたほうがよいでしょう。文末のlikely all cut by handの処理が大きなポイントです。内容から判断して、ここは比較的重要な情報であると考えられます。直訳例のように( )で処理してもよいのですが、ここは言葉を補って「歯車の歯は、すべて手作業で切り出していたと考えられる」のように独立した1文として処理するとよいでしょう。

(第3文)


【原文】With the added information, the researchers came up with a new model for how the mechanism operated.
【直訳例】
追加情報とともに、研究者たちは機械の動き方を示す新しいモデルを考え出した。
【改良訳】
研究者たちはこうして得た情報を積み重ねて、機械の動作を示す新しいモデルを考え出した。
【訳出上のポイント】
With the added informationの訳文表現がポイントです。直訳のままではほとんど誤訳といってよいでしょう。原文の真意を正しく読み手に伝えるには日本語表現の工夫が必要です。added informationは「追加情報」ではなく、むしろ語順を逆転して「情報を積み重ねていく」といったほうが原文のニュアンスに近くなります。このように「動詞の転じた形容詞+名詞」の形は語順を逆転して訳すというテクニックが多用されます。

(第4文)


【原文】The model takes into account 29 of the 30 known gears and adds five more that were probably there but never found.
【直訳例】
そのモデルは、すでに知られている 30 個のギアの 29 個を考慮して、おそらくそこににあったが発見されていない 5 個のギアを追加している。
【改良訳】
このモデルは、これまで発見されている 30 個のギアのうち 29 個の動作を考慮したうえで、さらに元々あったと考えられる未発見の 5 個のギアを追加したものである。
【訳出上のポイント】
ここも真意の解釈に加えて、文章表現力が求められる部分。特にfive more that were probably there but never foundの部分は、「元々あったと考えられる未発見の 5 個のギア」のように簡潔かつ過不足のない表現でまとめたい。また、前半部分の「〜の動作」や、文末の「〜したものである」のような表現にも注目したい。このようにわずかに言葉を補うことによって、直前の文とのつながりが生まれ、格段に読みやすい訳文に仕上げることができます。

訳例


「数枚のCT画像により、文字通りその内部が明らかになり、装置の動作原理を解明することができた」と英国のUniversity of Durhamで古代天文学を研究するJohn M. Steeleは言う。

研究者たちは、この装置には30個以上の青銅製の歯車が使われており、1つの歯車には最大225個もの歯があったことを発見した。歯車の歯は、すべて手作業で切り出していたと考えられる。

研究者たちはこうして得た情報を積み重ねて、機械の動作を示す新しいモデルを考え出した。このモデルは、これまで発見されている 30 個のギアのうち 29 個の動作を考慮したうえで、さらに元々あったと考えられる未発見の 5 個のギアを追加したものである。

いかがでしょうか。今回のポイントは日本語の文章表現力でした。

こうした表現力は、正確な原文解釈をベースにしていることは言うまでもありません。

したがって、文章表現力とは原文解釈と日本語表現力の総合力であるといっても過言ではありません。

特に最後の2文は、そうした総合力が判定できる部分ですのでぜひご参考にしてください。

以下、次回の翻訳課題です。今回の課題の続きの英文です。

Q [英和課題] 以下の英文を「である」「だ」調で翻訳してください。

Study Reveals Depressed Elderly Risk Early Death

− Depression in elderly people is causing early mortality, a University of Liverpool study has found.

In a project involving more than 300 elderly people who had been discharged from hospital, 17% were found to have previously undiagnosed depression and of that figure, 7% died within two years of leaving hospital.

The study also showed that 41% of elderly people who have depression are often later re-admitted to hospital with other illnesses, possibly a result of not receiving appropriate treatment for their depression.

The participants, all aged over 75, were interviewed regularly over a two-year period following discharge from hospital. Factors including physical illness, breathing capacity and social activity were found to impact on the prevalence of depression and consequently the likelihood of re-admission to medical care and early death.

ヒント


うつ病と高齢者の死亡率の関係についての科学記事の一部抜粋。大学名、人名等は英語のままで表記すること。

それでは、次回のこのコーナーでまたお会いしましょう!
【佐藤先生監修の『実務翻訳ベーシックコース』の内容を知りたい方はココをクリックしてください】※講座の詳細ページが表示されます


  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
  • 初めての方へ DHC総合教育研究所とは
  • 翻訳家をめざす方、必見。DHC通信講座の『プロ翻訳家・推薦制度』《これまでに150名以上がデビュー!》詳しくはこちら
  • 資料請求された方、全員にお届け!『翻訳家までの道のり』『翻訳のイロハ 早わかり読本』
  • 医学・薬学翻訳にご興味のある方へ
  • 割引後の受講料はこちらでチェック!DHC通信講座 受講料一覧表 ※PDFファイルが開きます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)