英語翻訳の通信講座ならDHC総合教育研究所の英語翻訳/サービス

ご質問・ご相談もお受けします お電話無料 0120-118944 (月)〜(金)9:00〜17:00受付 ※祝日のぞく



実践・実務翻訳のコツ(第18回)−中上級へチャレンジ!

記事一覧へ

執筆:佐藤洋一(さとう よういち)
佐藤翻訳事務所代表
東京都出身。国際基督教大学教養学部理学科卒業後、東京工業大学大学院修士課程を修了。
在学中から、論文などの翻訳を始め、フェロー・アカデミーで学んだ後、(株)日本テックを経て、フリーの実務翻訳者として独立。翻訳学校講師も勤めている。『はじめての理系英語リーディング』(アルク)や『詳解 技術英文大全』『科学技術英語論文 英借文用例辞典』(オーム社)など、著書・訳書も多数。
Q [前回の課題] 以下の英文を「である」「だ」調で翻訳してください。

Study Reveals Depressed Elderly Risk Early Death

― Depression in elderly people is causing early mortality, a University of Liverpool study has found.

In a project involving more than 300 elderly people who had been discharged from hospital, 17% were found to have previously undiagnosed depression and of that figure, 7% died within two years of leaving hospital.

The study also showed that 41% of elderly people who have depression are often later re-admitted to hospital with other illnesses, possibly a result of not receiving appropriate treatment for their depression.

The participants, all aged over 75, were interviewed regularly over a two-year period following discharge from hospital. Factors including physical illness, breathing capacity and social activity were found to impact on the prevalence of depression and consequently the likelihood of re-admission to medical care and early death.


ヒント


うつ病と高齢者の死亡率の関係についての科学記事の一部抜粋。大学名、人名等は英語のままで表記すること。

今回の英文和訳のポイントは、数値を含んだ原文の情報を正しく読み取ることことです。また、読み手に誤解を与えないような日本語表現を採用することです。

以下、個々の英文について、個別に訳出上のポイントを解説します。

【原文】の赤字部分が訳出上のポイントで、【改良訳】の赤字部分がそれに対応する改良箇所です。【訳出上のポイント】の太字部分が訳出上のポイントを上手に処理するためのテクニックです。

(タイトル)


【原文】
Study Reveals Depressed Elderly Risk Early Death
― Depression in elderly people is causing early mortality, a University of Liverpool study has found.
【訳例】
うつ病の高齢者は早期に死亡するリスクがあることが判明
―高齢者のうつ病は寿命を縮めることがUniversity of Liverpoolの研究によって明らかに
【訳出上のポイント】
タイトルのstudyは「研究」が直訳ですが、科学研究であることが明らかな場合は省略することができます。特にタイトルは簡潔な表現が好まれますので、ここでは省略したほうがよいでしょう。一方、副題はやや説明的な文章ですので「研究」という言葉を入れています。これによってタイトルのstudyのニュアンスを吸収する形となっています。また、early mortalityは品詞転換して動詞的に訳してもよいでしょう。

(第1文)


【原文】
In a project involving more than 300 elderly people who had been discharged from hospital, 17% were found to have previously undiagnosed depression and of that figure, 7% died within two years of leaving hospital.
【訳例】
退院後の高齢者300人以上を対象とした調査の結果、17%が過去に診断未確定のうつ病を患っていたことが判明し、その17%のうち7%が退院後2年以内に死亡していた。
【訳出上のポイント】
数字の事実関係を正しく読み取ることがポイントです。計算すると「退院後2年以内に死亡した」のは全体の1.2%(300人中3.57人)となります。単に機械的に訳すだけでなく、こうした数字が意味する内容をしっかり理解することが誤訳の防止につながります。more than 300は厳密には「301人以上」ですが、ここは文脈から判断すると「概算値」ですので「300人以上」としたほうがよいでしょう。なお、undiagnosed(診断未確定の)は専門用語の一種です。

(第2文)


【原文】
The study also showed that 41% of elderly people who have depression are often later re-admitted to hospital with other illnesses, possibly a result of not receiving appropriate treatment for their depression.
【訳例】
また、この調査では、うつ病になった高齢者のうち41%がうつ病以外の疾患で入退院を繰り返すケースがあることも明らかになった。これは、うつ病に対して適切な治療を受けなかったことが原因である可能性がある。
【訳出上のポイント】
often later re-admitted to hospitalの解釈と日本語表現がポイントです。「しばしばあとで再入院する」というのが直訳ですが、このままではやや意味が限定されてしまいます。常識的に考えて、退院した人が再入院する場合、ただ一度だけというのは考えにくく、退院してからまた再入院を繰り返す人がいる可能性も当然考えられます。原文は、「1回だけ再入院する」という意味ではなく、こうした「入退院の繰り返し」のニュアンスが含まれています。そこで直訳のように意味が限定されてしまう表現を避け、訳例のようにより広い意味を伝える日本語表現を採用すると安全です。

(第3文)


【原文】
The participants, all aged over 75, were interviewed regularly over a two-year period following discharge from hospital.
【訳例】
調査対象者は全員が75歳以上であり、退院後2年間にわたって定期的に聞き取り調査を行った。
【訳出上のポイント】
over 75の処理に注意してください。これは「75歳と1か月以上」という可能性も考えられるので、「76歳以上」と訳すことはできません。概算値として「75歳以上」とするか、あるいはより厳密に「75歳超」とするのが正解です。

(第4文)


【原文】Factors including physical illness, breathing capacity and social activity were found to impact on the prevalence of depression and consequently the likelihood of re-admission to medical care and early death.
【訳例】
この調査により、身体的疾患、肺活量、社会的活動などの要因がうつ病の有病率に影響し、結果として治療目的での再入院および早期死亡の可能性にも影響することが判明した。
【訳出上のポイント】
to medical care がlikelihood of re-admissionだけに係っていることを見抜くのがポイントです。ここは係り受け関係を間違えやすいところです。ここでは、「治療目的での再入院」と「早期死亡」という2つの可能性があることを正しく読み取る必要があります。

訳例


うつ病の高齢者は早期に死亡するリスクがあることが判明

―高齢者のうつ病は寿命を縮めることがUniversity of Liverpoolの研究によって明らかに

退院後の高齢者300人以上を対象とした調査の結果、17%が過去に診断未確定のうつ病を患っていたことが判明し、その17%のうち7%が退院後2年以内に死亡していた。

また、この調査では、うつ病になった高齢者のうち41%がうつ病以外の疾患で入退院を繰り返すケースがあることも明らかになった。これは、うつ病に対して適切な治療を受けなかったことが原因である可能性がある。

調査対象者は全員が75歳以上であり、退院後2年間にわたって定期的に聞き取り調査を行った。この調査により、身体的疾患、心肺能力、社会的活動などの要因がうつ病の有病率に影響し、結果として治療目的での再入院および早期死亡の可能性にも影響することが判明した。


いかがでしょうか。今回のポイントは数値を含んだ原文の情報を正しく読み取ることでした。

今回の短い英文の中には、比較的多くの数値情報がありましたが、それが「概算値」なそか、それとも厳密な数値なのかどうかを判断するのが1つのポイントでした。

また、「入退院を繰り返す」のように、「回数」に関する情報をやや広めに伝える表現を採用するほうが、意味を限定せず、読者に誤解を与えにくい訳文になることもポイントでした。

いずれの場合も、正確な原文解釈をベースにしていることは言うまでもありません。

実務翻訳では、特に数値は重要情報であることが多いので、通常よりも慎重に原文を検討したうえで、訳文を仕上げることをお勧めします。

以下、次回の翻訳課題です。

Q [英和課題] 以下の英文を「である」「だ」調で翻訳してください。

Why Older People Are Less Astute Drivers and How the Answer Could Help Us Understand Depression

Science Daily (Jan. 25, 2011) ― When elderly drivers get behind the wheel, they often confront the harrowing reality that they cannot easily see other cars, pedestrians, or cyclists moving around them. This frightening effect of aging, it turns out, is not necessarily a result of a reduced ability to perceive moving objects, as one might suspect, but a heightened awareness of the backdrop against which these objects move.

A team of scientists led by University of Rochester Assistant Professor Duje Tadin has isolated the cause of this phenomenon, and the surprising results could not only help train elderly people to be better drivers, but they could also help psychiatrists better understand abnormal brain processes in psychological conditions like depression and schizophrenia.

ヒント


高齢者ドライバーの研究結果についての科学記事の一部抜粋。大学名、人名等は英語のままで表記すること。

それでは、次回のこのコーナーでまたお会いしましょう!
【佐藤先生監修の『実務翻訳ベーシックコース』の内容を知りたい方はココをクリックしてください】※講座の詳細ページが表示されます


  • 講座一覧へ DHCの講座をすべてご覧になれます。
  • おすすめ講座 比較表 レベル/学習時間/講座内容などを一覧で比較できます
  • 初めての方へ DHC総合教育研究所とは
  • 翻訳家をめざす方、必見。DHC通信講座の『プロ翻訳家・推薦制度』《これまでに150名以上がデビュー!》詳しくはこちら
  • 資料請求された方、全員にお届け!『翻訳家までの道のり』『翻訳のイロハ 早わかり読本』
  • 医学・薬学翻訳にご興味のある方へ
  • 割引後の受講料はこちらでチェック!DHC通信講座 受講料一覧表 ※PDFファイルが開きます
受講生の声
講座を修了した方から届いたハガキです。
修了生インタビュー
講座を修了した方に、感想を聞きました!
翻訳家デビューインタビュー
DHCからプロ翻訳家デビューした方に聞きました!
書籍
修了生が参加した書籍や語学書をご紹介。
Mail Magazine
翻訳や、英会話に役立つ無料メルマガです。
  • お問い合わせ(info@edu.dhc.co.jp)